安田記念2020【有力馬分析】 ■アーモンドアイ ■インディチャンプ ■ダノンキングリー ■グランアレグリア ■ダノンプレミアム

 

お知らせです

競馬仲間【厳選軸馬】さんの
特別厳選馬】が いい感じですね^^

現在 無料公開中ですが
【特別厳選馬】は
477/514(378-72-27-37)複勝率93%

単複勝負から
3連単の勝負まで
真剣勝負の【軸馬】予想!

軸がブレない【厳選軸馬】
公式LINE は こちらです^^
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2Rj3Ohm

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
——————————–

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー
【安田記念】【鳴尾記念】
自信の最終予想(買い目)
無料LINE@で 配信になります
こちらです
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2XqIJ6Y

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

安田記念 2020【有力馬分析】
―――――――
■アーモンドアイ
■インディチャンプ
■ダノンキングリー
■グランアレグリア
■ダノンプレミアム
―――――――

 

JRA史上初のG1・8勝目を目指して
アーモンドアイが参戦する安田記念。

インディチャンプが接戦を制した昨年は
初めて1分30秒台での決着になりましたが
今年も究極のスピード競馬が展開されそうです。

アーモンドアイに対抗できる馬はいるのか
有力馬のポイントをみていきましょう。

 

アーモンドアイ(5歳・牝)
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス

有馬記念惨敗の影響
ドバイWC中止によるローテ変更など
少なからず不安も囁かれた
前走のヴィクトリアマイル。

ところが、ダッシュよく飛び出して先行し
直線では持ったまま4馬身差をつける
圧巻の勝利でした。

調教代わりほどのダメージしかなく
不利に泣いた昨年のリベンジのため
ここへの参戦を決めました。

昨年の安田記念を除けば、東京は6戦して
5勝と最も適性の高い舞台。

国内最多のG1・8勝目は かなり有望でしょう。

戦績に不安はありませんが、
これまで間隔をあけて大事に使ってきた馬が
初めて中2週での競馬になります。

前走が楽勝だったとはいえ
タイトなローテの影響はないのでしょうか。

また、先行してハイペースに巻き込まれたとき
最後に差し込まれるシーンがあるかもしれません。

 

インディチャンプ(5歳・牡)
父:ステイゴールド
母:ウィルパワー
母父:キングカメハメハ

昨年、安田記念とマイルCSを制し
国内マイル王として連覇を目指します。

中山記念の後、香港遠征の予定はキャンセルし
再始動のマイラーズCを横綱相撲で快勝。

2ターンのマイル戦を得意としていますが
東京マイルは2戦2勝
どちらも速い時計で勝っており
ここがベストの舞台でしょう。

1週前追い切りは
栗東販路51.7-13.0秒で2馬身先着。

打倒アーモンドアイの1番手といえる存在です。

昨年はアーモンドアイに勝っていますが
展開の後押しがあったのは事実で
最後の脚色では劣っていました。

今回も先行して自分の競馬に
徹することになるでしょうが
外枠に入ると前半に余計な脚を使うことになり
アーモンドアイ相手では分が悪いかもしれません。

 

ダノンキングリー(4歳・牡)
父:ディープインパクト
母:マイグッドネス
母父:Storm Cat

昨年の皐月賞は3着、ダービーは2着と
現4歳世代ではトップクラスの実力を持つ1頭です。

初のG1制覇が期待された前走の大阪杯では
予想外の逃げという形になりましたが
それでも3着と地力の高さを示しました。

東京スポーツ杯、共同通信杯を
ともに上り最速で快勝しているように
東京は最も得意とするコースです。

1週前追い切りは、美浦Wコース
5ハロン67.1-12.4秒(一杯)と順調。

展開が向けば初のG1制覇もあり得ます。

東京が得意なのは間違いありませんが
好走はいずれも1800m戦のもの。

昨年のマイルCSで5着に負けているように
マイルは微妙に短いのかもしれません。

大阪杯も道中スローで絶好の流れでしたが
最後は牝馬2頭に競り負けており
G1での勝負弱さが気になります。

 

グランアレグリア(4歳・牝)
父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
母父:Tapit

昨年の桜花賞の勝ち馬で
秋には阪神カップで古馬相手に
0.8秒差の圧勝を見せるなど
能力の高さに疑いの余地はありません。

今年初戦となった高松宮記念は
初の1200m戦、重馬場ながら
上り最速の見事な追い込みで2着。

東京マイルは新馬
サウジアラビアRCを連勝しており
最も差し脚を生かせる条件といえるでしょう。

ヴィクトリアマイルの回避は残念でしたが
ここまでの調整過程は順調。

展開がはまれば突き抜けるシーンも。

ただ、この馬の不安は気性にあります。

高松宮記念は、距離短縮で気性の悪さを
見せるひまがありませんでしたが、
400mの距離延長の今回はどうでしょうか。

折り合い重視で後方からの競馬となるため
昨年のようにレースの上りが33秒台だと
差して届かず、かもしれません。

 

ダノンプレミアム(5歳・牡)
父:ディープインパクト
母:インディアナギャル
母父:Intikhab

デビューから朝日杯FSを経て
弥生賞まで4連勝した後、マイル~中距離の
G1でも善戦している1頭です。

アーモンドアイには離されたものの
昨年の天皇賞秋のパフォーマンスは優秀。

ハイペースを先行してそのまま押し切る
スピードがあり、今の高速馬場は向いています。

海外初参戦の前走は不良馬場に泣かされましたが
直前追い切りは栗東CWで
6ハロン81.3~11.6秒(一杯)。

良馬場なら怖い存在といえます。

自分のペースで気分よく先行できたときは
強い競馬を見せるものの、地力も問われるG1では
1歩足りないような印象も受けます。

先行争いが激しいと最後苦しくなるかもしれません。

海外遠征、不良馬場の前走のダメージが
どれだけ残っているのかも気になります。

 

さて この中から
現在の「本命候補」と「絶対 狙いたい馬」は こちらです
⇒ 無料LINE競馬で公開中

友だちに追加して頂いて
ホーム投稿から
すぐに ご覧になれます🎁
(無料です)😄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket