エプソムカップ 2020【有力馬分析】 ■レイエンダ ■アイスストーム ■シャドウディーヴァ ■ピースワンパラディ ■サトノアーサー

 

お知らせです

競馬仲間【厳選軸馬】さんの
特別厳選馬】が いい感じですね^^

現在 無料公開中ですが
【特別厳選馬】は
483/521(382-74-27-38)複勝率93%

単複勝負から
3連単の勝負まで
真剣勝負の【軸馬】予想!

軸がブレない【厳選軸馬】
公式LINE は こちらです^^
↓ ↓ ↓
http://bit.ly/356lQJL

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
ーーーーーーーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーー
【エプソムカップ】【マーメイドS】
自信の最終予想(買い目)
無料LINE@で 配信になります
こちらです
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/35s2NKZ

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
ーーーーーーーーーーー

 

 

 

エプソムカップ2020【有力馬分析】
ーーーーーーーーーー
■レイエンダ
■アイスストーム
■シャドウディーヴァ
■ピースワンパラディ
■サトノアーサー
ーーーーーーーーーー

 

時期的にG1級の馬の出走は少なく
実力が拮抗している上に
雨で馬場が湿ることも多いため
難解なレースとなるエプソムカップ。

今年も傑出した馬は不在のメンバーで
馬場、展開次第で結果は大きく変わりそうです。

コース、馬場適性を含めて
有力馬のポイントをチェックしましよう。

 

 

レイエンダ(5歳・牡)
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス

昨年のこのレースは、2番手追走から
上がり3ハロン32.7秒の末脚で制した馬が
連覇を狙って参戦します。

ダービー馬レイデオロの全弟という良血馬で
人気を集めるのも当然でしょう。

6回出走し、4回が上がり最速を記録する東京は
最も適性の高いコースともいえます。

今年に入っての2戦では結果が出ていませんが
昨年も叩き3戦目の勝利だったことを考えると
ここが「買い時」、重馬場も問題ないタイプです。

ただ、レイデオロ同様、気性にやや難があり
成績にムラがあるタイプです。

血統から人気になるものの、3歳秋以降
勝っているのは昨年のこのレースのみ。

昨年は前有利の超スローの流れだったため
同じように展開に恵まれるかには
やや疑問も残ります。

 

 

アイスストーム(5歳・牡)
父:ストーミングホーム
母:デザートチル
母父:Red Ransom

昨年夏にオープン入りしてから
なかなか結果が出ませんでしたが
前走のメイステークスは馬群を縫うように伸び
鮮やかに差し切りました。

前走を含め、東京の1800mでは
2勝をあげており、初重賞制覇を狙うには
最適の舞台といえるでしょう。

2000mはやや長く、マイルはやや短く
ベストは5戦して4回馬券圏内の1800mです。

末脚も堅実なタイプなので
3度目の重賞挑戦ですが、大崩れはなさそうです。

ただし 末脚は堅実ですが、折り合い重視で
後方からの競馬が多くなるため
なかなか勝ち切れないタイプでもあります。

前走は強い勝ち方でしたが
今回は1キロ増での出走になるため
同じような末脚を繰り出せるかが
ポイントになりそうです。

 

 

シャドウディーヴァ(5歳・牝)
父:ハーツクライ
母:ダイヤモンドディーヴァ
母父:Dansili

前走、ヴィクトリアマイルは10着ですが
これは相手が強すぎました。

前走を除くと、東京は7戦して「1-4-1-1」

唯一の馬圏外もオークスの6着ですから
最も相性のいいコースといえます。

今年の東京新聞杯でも、プリモシーンの2着に
突っ込んできており、
ここに入っても格負けすることはありません。

別定戦のため54キロで出走できるのも
末脚勝負に賭けたいこの馬にとってはプラスです。

ここまで内容を見ると、先行したり
後方から差したり、これといった勝ちパターンがなく
それが14戦2勝という成績にあらわれています。

瞬発力に長けたタイプではないため
スローからの追い比べになった場合
やや分が悪そうです。

 

 

ピースワンパラディ(4歳・牡)
父:ジャングルポット
母:クリアソウル
母父:アグネスデジタル

ここまで8戦して「4-2-2-0」と複勝率100%

しかもすべてが左回り、東京は4戦して2勝
相性のいい舞台なのは間違いありません。

ここ3戦は湿った馬場でのレースでしたが
それでも連対を外していないように
重馬場適性も十分。

また、8戦すべてが上がり3位内の末脚を
使っているのも注目したいポイントです。

今回、有力馬は5、6歳が多く、
4歳らしい成長力は大きな魅力でしょう。

別定戦のため56キロで出走できるのも好材料です。

出走馬の中で、勢いだけならこの馬が一番ですが
重賞初挑戦というキャリアの浅さは気がかりです。

重馬場巧者は間違いありませんが、良馬場で
重賞の厳しいペース、実績馬たちとの
叩き合いとなった場合
対応できるかは未知数です。

 

 

サトノアーサー(6歳・牡)
父:ディープインパクト
母:キングスローズ
母父:Redoute’s Choice

今年に入ってからの4戦は
人気になりながら4着、3着、2着、3着と
いまいち勝ち切れないレースが続いていますが
2戦は上がり最速であり
地力の高さは証明しています。

飛びが大きなフォームで
加速するのにやや時間はかかるものの
末脚の持続力にはすぐれ
東京が向いているタイプです。

一昨年のこのレース以来
勝ち星からは遠ざかっていますが
久しぶりの勝利を飾るなら
この舞台かもしれません。

ただし 今年5戦目で
上がり目があるのかは やや不安です。

————————————-

 

さて この中から
現在の「本命候補」と「絶対 狙いたい馬」は こちらです
⇒ 無料LINE競馬で公開中

友だちに追加して頂いて
ホーム投稿から
すぐに ご覧になれます🎁
(無料です)😄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket