ラジオNIKKEI賞 2020【有力馬分析】 ■ルリアン ■パラスアテナ ■キメラヴェリテ ■パンサラッサ ■グレイトオーサー

 

お知らせです

競馬仲間【厳選軸馬】さんの
【特別厳選馬】が いい感じですね^^

現在 無料公開中ですが
【特別厳選馬】は
491/529(389-75-27-38)複勝率93%

単複勝負から
3連単の勝負まで
真剣勝負の【軸馬】予想!

軸がブレない【厳選軸馬】
公式LINE は こちらです^^
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2Rj3Ohm

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
——————————

 

 

ーーーーーーーーーーー
【ラジオNIKKEI賞】【CBC賞】
自信の最終予想(買い目)
無料LINE@で 配信になります
こちらです
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2XqIJ6Y

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
ーーーーーーーーーーー

 

 

 

ラジオNIKKEI賞2020【有力馬分析】
ーーーーーーー
■ルリアン
■パラスアテナ
■キメラヴェリテ
■パンサラッサ
■グレイトオーサー
ーーーーーーーーー

 

宝塚記念が終わり、本格的な夏競馬の
到来を告げる重賞、ラジオNIKKEI賞は
3歳限定重賞の中でただ一つのハンデ戦。

さまざまな路線からの出走馬が揃い
また、小回り福島の開幕週ということもあって
予想も一筋縄ではいかないレースになっています。

今年の多士済々な登録馬ですが
有力馬のポイントをチェックしていきましょう。

 

ルリアン(3歳・牡)
父:キズナ
母:フレンチバレリーナ
母父:フレンチデュピティ

新馬戦では、京都2歳Sを勝った
マイラプソディを相手に0.1差の2着
に好走しましたが
レース後に骨折が判明。

復帰後の2戦はどちらも単勝1倍台に支持され
危なげない内容で完勝しており
3連勝での初重賞制覇を目指します。

過去3戦ともスタートの反応がよく
無理せず好位につけられる器用さもあり
小回りへの適性の高さも感じさせます。

中間の追い切りでも絶好の動きを見せており
ここに入っても格負けすることはなさそうです。

ただ、新馬は稍重の中京、復帰後の2戦も
時計のややかかる馬場でのもので
時計的に特筆できるところはありません。

開幕週の福島、良馬場でレースが行われた場合
これまでのようにラクに好位追走ができるのか。

そこがやや不安かもしれません。

 

パラスアテナ(3歳・牝)
父:ルーラーシップ
母:ステラリード
母父:スペシャルウィーク

デビューからの2戦はダートで
結果を出せませんでしたたが
芝に路線変更してから2連勝。

前走のカーネーションCでは
クイーンCの3着馬セイウンヴィーナスを
相手に完勝しています。

1.45.9秒という時計も優秀で
上り33.3秒の末脚も目を引きました。

福島の未勝利戦は稍重でしたが
5馬身差の圧勝で
今回の舞台への適性も高そうです。

武豊騎手も「能力は高い」と評価しており
ここで好走すれば秋が楽しみになります。

不安点としては
未勝利戦は圧勝だったものの、牝馬限定戦で

レベルは決して高いとはいえません。

前走の末脚は鮮やかでしたが
目一杯脚をためてのもので、流れが忙しくなる
福島1800mで同じ芸当ができるかは疑問。

芝で牡馬と走るのは初めてで
揉まれた時の不安もあります。

 

キメラヴェリテ(3歳・牡)
父:キズナ
母:ルミエールヴェリテ
母父:Cozzene

昨年6月のデビューからダートを主戦場として
北海道2歳優駿(G3)を勝利するなど
一定の結果を残していました。

今年に入って芝に路線変更すると
若葉Sで2着に逃げ粘り、皐月賞でも
思い切った逃げでレースを盛り上げました。

前走は、古馬混合の鳴尾記念に果敢に挑むものの
逃げられずに惨敗。

これは度外視してもいいでしょう。

ダートでも逃げ、先行できるスピードを生かすには
小回り福島は絶好の舞台ではないでしょうか。

とはいえ、デビューからすでに9戦を重ね
ほぼ休みなく使われており、前走からの
上積みは期待しづらいかもしれません。

また、現状は逃げないと持ち味を発揮できず
枠順、同型馬との兼ね合いが問題になりそうです。

 

パンサラッサ(3歳・牡)
父:ロードカナロア
母:ミスベンバリー
母父:モンジュー

3月の弥生賞(9着)の後
一息入れて臨んだ前走(1勝クラス)は
1000m通過60.4秒のペースで逃げ
そのまま押し切り。

馬体重は10キロ増でやや余裕のあるつくりながら
勝ち時計は鳴尾記念よりも早く
ポテンシャルの高さを感じさせる走りでした。

父のロードカナロアより、母父モンジューという
欧州血統の影響が濃く、スピードや切れより
末脚の持続力で勝負するタイプなので
逃げられれば簡単には止まらないでしょう。

逆にいうと、逃げられないと
見せ場なく終わるパターンも大いにあり得ます。

今回は逃げ・先行タイプが揃っているため
枠順と展開に大きく左右されるでしょう。

勝負どころでスッと反応できない不器用さもあり
小回り向きなのかという疑問もあります。

 

グレイトオーサー(3歳・牡)
父:ノヴェリスト
母:ディアデラノビア
母父:サンデーサイレンス

デビューは今年の4月と遅れましたが
未勝利戦、1勝クラスを連勝。

未勝利戦は後方待機から最速の上りで差し切り
1勝クラスは逃げてペースをつくり
33.7秒の上りで押し切りました。

着差(0.2差)以上に余裕のある勝ち方といえます。

正反対の競馬で結果を出している自在性は
展開が紛れやすい福島向きかもしれません。

母は重賞3勝のディアデラノビア
姉にディアドラマドレがいる良血馬が
無傷の3連勝で重賞制覇を狙います。

デビューからの2戦は余裕ある勝ち方でしたが
どちらも東京でのもの。

ディアデラノビアも東京を得意としており
左回り、じっくり脚をためられるコースのほうが
向いている可能性があります。

小回りに対応できないと惨敗があるかもしれません。
 

————————————-

 

さて この中から
現在の「本命候補」と「絶対 狙いたい馬」は こちらです
⇒ 無料LINE競馬で公開中

友だちに追加して頂いて
ホーム投稿から
すぐに ご覧になれます🎁
(無料です)😄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket