函館記念 2020【有力馬分析】 ■レイエンダ ■ニシノデイジー ■トーラスジェミニ ■カウディーリョ ■ベストアプローチ

 

お知らせです

競馬仲間【厳選軸馬】さんの
【特別厳選馬】が いい感じですね^^

現在 無料公開中ですが
【特別厳選馬】は
495/533(392-75-28-38)複勝率93%

単複勝負から
3連単の勝負まで
真剣勝負の【軸馬】予想!

軸がブレない【厳選軸馬】
公式LINE は こちらです^^
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2Rj3Ohm

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
——————————

 

 

ーーーーーーーーーーー
【函館記念】【中京記念】
【函館2歳S】
自信の最終予想(買い目)
無料LINE@で 配信になります
こちらです
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2XqIJ6Y

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
ーーーーーーーーーーー

 

 

 

函館記念2020【有力馬分析】
ーーーーーーーーーー
■レイエンダ
■ニシノデイジー
■トーラスジェミニ
■カウディーリョ
■ベストアプローチ

ーーーーーーーーーー

 

サマー2000シリーズの第2戦となる函館記念。

ハンデ戦、タフな洋芝、小回り
JRA最短の直線距離(262.1m)という
特殊な設定の重賞とあって
毎年、波乱含みとなる一戦です。

去年は逃げ、先行馬が上位を独占しましたが
ペース次第では差し馬が台頭する
余地も十分にあります。

傑出馬が不在で混戦模様の今年はどうなるのか
有力馬のポイントを見ていきましょう。

 

レイエンダ(5歳・牡)
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス

連覇を狙った前走のエプソムカップは
大外枠から後方待機の競馬となってしまい
10着と大敗しました。

ただ、内目を先行した馬に有利なレースで
厳しい条件になってしまったのも事実です。

富士Sで2着、ダービー卿CTで3着など
地力の高さには疑いがなく
中山では2戦してどちらも好走するなど
小回り適性は予想以上に高そうです。

洋芝でも2戦2勝の成績を残しており
ここを勝って
秋の飛躍につなげたいところでしょう。

重賞で何度も馬券にからんでいるように
地力は高いものの、出遅れを含め
成績にムラがあるタイプなのも事実。

洋芝の2勝も2歳時のもので
古馬重賞レベルでどうかは疑問が残ります。

マイルがベストの印象もあり
久しぶりのコーナー4つの2000mにも
不安がありそうです。

 

ニシノデイジー(4歳・牡)
父:ハービンジャー
母:ニシノヒナギク
母父:アグネスタキオン

昨年は皐月賞、ダービー、菊花賞と
クラシック皆勤賞で
今年の飛躍が期待された一頭です。

ここまでの3戦は結果が出ていませんが
函館、札幌は2歳時に強い競馬をしており
洋芝の適性は高いとみていいでしょう。

ホープフルSでサートゥルナーリアの
3着(0.3秒差)に入るなど、
地力の高さはここでも上位といえます。

ここまで戦ってきた相手を考えれば
あっさり勝つことがあっても
不思議ではないでしょう。

地力の高さはあっても、今年に入ってからの
レース内容は決してほめられたものではないもの。

現状では、脚を溜めて差す競馬が
ベストのようですが、それで届くのかは疑問です。

2歳、3歳で重賞を勝ってはいるものの
「早熟だった」という見方もできます。

 

トーラスジェミニ(4歳・牡)
父:キングズベスト
母:エリモエトワール
母父:マンハッタンカフェ

2走前のエプソムカップは
18番人気ながら3着に逃げ粘り
前走の巴賞は危なげない逃げ切りでした。

逃げて自分のペースに持ち込めればしぶとく
直線の短い函館は申し分ない舞台といえます。

今年に入って7戦3勝、敗れた4戦も
ダービー卿CT以外は大きく崩れていない
ところにも好感が持てます。

通算5勝のうち4勝をあげている
木幡騎手が継続して騎乗予定なのもプラス。

勢いでの初重賞制覇があっても
不思議ではありません。

不安は、過去データで明らかなように
前走巴賞組の成績があまりよくないこと。

200mの距離延長が、1800mがベストと
思えるこの馬にどう影響するのでしょうか。

また、このところ馬体減の傾向が続いており
大きく減って来るようだと不安かもしれません。

 

カウディーリョ(4歳・牡)
父:キングカメハメハ
母:ディアデラノビア
母父:サンデーサイレンス

キャリアは浅く、わずか8戦ながら4勝。

札幌で2勝、中山、小倉で1勝ずつと
小回り巧者の印象があり
勝ち鞍は1800~2200mなので
今回の条件はベストともいえます。

前走のメトロポリタンSは、昇級
3か月の休み明けながら
0.1差の4着は大健闘といえるでしょう。

前走を叩き、ここを目標にしていたとすれば
実績から重いハンデは課せられない今回
格下とはいえ侮れない存在となりそうです。

ここまでのベストパフォーマンスは
2走前、小倉の関門橋Sで
1000mを60.6秒のマイペースで逃げ切りました。

同じ展開に持ち込めば好走率は高まるでしょうが
今回は強力な同型馬がおり、逃げられず
初の古馬混合重賞の壁にぶつかる可能性もあります。

 

ベストアプローチ(6歳・セ)
父:New Approach
母:Sant Elena
母父:Efisio

3歳時はクラシック戦線にも乗った素質馬で
4歳春にメトロボタンSを快勝。

重賞路線での活躍が期待されたものの
そこから2年弱の長期休養となってしまいました。

前走の巴賞は長期休み明け、初の函館
大幅な距離短縮という条件ながら
0.5秒差の6着。

しかも、上りは最速だったことを思えば
上々の復帰戦だったといえるでしょう。

前走からの距離延長は間違いなくプラスで
状態がさらに上向いているなら
一発があるかもしれません。

長期休養明けを走った反動はないのか
そこが気になります。

また、この馬のベストはゆったりまわれる東京
阪神と京都の外回りなどで
距離ももう少し長いほうがいいタイプです。

小回り特有の息の入らないペースに乗れないと
後方から差して届かずとなることも大いにあります。

————————————-

 

さて この中から
現在の「本命候補」と「絶対 狙いたい馬」は こちらです
⇒ 無料LINE競馬で公開中

友だちに追加して頂いて
ホーム投稿から
すぐに ご覧になれます🎁
(無料です)😄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket