クイーンS 2020【有力馬考察】 ■フェアリーポルカ ■スカーレットカラー ■コントラチェック ■ビーチサンバ ■カリビアンゴールド

 

お知らせです

競馬仲間【厳選軸馬】さんの
【特別厳選馬】が いい感じですね^^

現在 無料公開中ですが
【特別厳選馬】は
499/539(396-75-28-40)複勝率93%

単複勝負から
3連単の勝負まで
真剣勝負の【軸馬】予想!

軸がブレない【厳選軸馬】
公式LINE は こちらです^^
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2Rj3Ohm

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
——————————

 

 

ーーーーーーーーーーー
【クイーンS】
自信の最終予想(買い目)
無料LINE@で 配信になります
こちらです
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2XqIJ6Y

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
ーーーーーーーーーーー

 

 

クイーンS2020【有力馬分析】
ーーーーーーーーーー
■フェアリーポルカ
■スカーレットカラー
■コントラチェック
■ビーチサンバ
■カリビアンゴールド
ーーーーーーーーーー

 

夏の札幌開催で最初の重賞
クイーンステークス。

ミッキーチャーム、ディアドラ、アエロリットなど
最近は秋のG1を目指す実力馬の出走も多く
状態の見極めがカギを握るレースとなります。

時期的に函館開催から臨む馬も多いのですが
同じ北海道でも
函館と札幌では求められる資質が異なり

馬場適性も十分に考慮したいところ。

今年の有力馬をチェックしてみましょう。

 

フェアリーポルカ(4歳・牝)
父:ルーラーシップ
母:フェアリーダンス
母父:アグネスタキオン

今年初戦の愛知杯こそ4着だったものの
その後の中山牝馬S、福島牝馬Sを連勝。

昨秋に紫苑Sで2着した素質馬が
ようやく本格化した印象を受けます。

中山牝馬Sは
降雪の不良馬場を力強く駆け抜け

福島牝馬Sは上がり最速で差し切り。

馬場を問わない差し脚を持ち
初の札幌もさほど苦にはしないでしょう。

1800mは
3戦3勝と最も得意とする距離。

重賞3連勝となれば
秋のG1に向けて視界が開けるはずです。

不安をあげると、まず斤量。

52キロ、54キロで連勝していますが
今回は56キロになり、これを克服できるか。

また、札幌は函館よりも時計が出る傾向があり
スローから上りの速い展開だと
末脚勝負の本馬は、差して届かずもあり得ます。

 

スカーレットカラー(5歳・牝)
父:ヴィクトワールピサ
母:ヴェントス
母父:ウォーエンブレム

 

昨年のこのレースは
上がり最速で僅差の2着。

その後、府中牝馬Sは
ラッキーライラックを負かして1着
今年初戦の阪神牝馬Sは2着と
牝馬限定の重賞では安定した成績を残しています。

G1ではやや敷居が高いものの
G2、G3なら

勝ち負けできる実力に疑いはなく
ここで人気を集めるのも納得できます。

高速馬場より、ゆるい馬場、力のいる馬場の
ほうが得意なタイプで
2つ目の重賞勝ちの条件は揃ったといえるでしょう。

ここまで戦ってきた相手をふまえると
能力上位は間違いありませんが
フェアリーポルカ同様、
差し・追い込み脚質が不安点になります。

開幕2週目で
逃げ・先行馬が有利な流れだと

勝ち切るまでは難しいかもしれません。

週末の馬場傾向は要チェックです。

 

コントラチェック(4歳・牝)
父:ディープインパクト
母:リッチダンサー
母父:Halling

今年に入ってからの2戦は16着、14着と
結果が出ていませんが、理由は明らかです。

ここまでの4勝は、すべてハナを切って
逃げたときのもの。

今回も逃げられるかどうかがポイントです。

渋った馬場は苦手なタイプですが
この時期の札幌開催ならその心配は少なく
良馬場で気分よく逃げられれば
簡単には崩れないでしょう。

スローではなく、淀みないペースで逃げ
短い直線を味方につけるのが理想です。

好走のパターンがはっきりしている馬。

逆にいえば、そのパターンにはまらない場合
凡走してしまう可能性は大きくなります。

距離ロスの大きい外枠に入ったり
自分より内に逃げたい馬がいたりしたら
疑ってみてもいいかもしれません。

 

ビーチサンバ(4歳・牝)
父:クロフネ
母:フサイチエアデール
母父:サンデーサイレンス

距離の長かったオークスでは崩れたものの
桜花賞と秋華賞は5着。

他に重賞で2着が3回あり
今年の飛躍が期待された一頭です。

前走のヴィクトリアマイルは9着ですが
1枠から出て、後ろに下げることになったため
かわいそうな部分もありました。

その前の2走はサウンドキアラと
差のない競馬をしており、ここに入れば力上位。

マイル中心に使われていたため
距離延長ですんなり先行できれば
おもしろいでしょう。

ここまで阪神、京都、東京の経験しかなく
渋った馬場では5着に敗れているため
洋芝の適性にはやや疑問が残ります。

2ターンのマイル戦を主戦場としていたため
久しぶりのコーナー4つの1800mに
馬が戸惑わないか、という不安もあります。

 

カリビアンゴールド(6歳・牝)
父:ステイゴールド
母:サバナパディーダ
母父:Cape Cross

前走の巴賞は牡馬相手に強気に先行し、3着。

昨年のこのレースは3着、今年の福島牝馬Sでは
0.3秒差の4着と、牝馬限定戦なら
上位に食い込める地力の持ち主です。

また、スピードタイプではなく
明らかにパワータイプで、洋芝では「1-3-3-1」
馬券外になったのは1回だけという
抜群の安定感を誇ります。

前走のようにスムーズに先行して
短い直線で粘り込む競馬ができれば
再度の好走も見込めます。

最後に切れる脚を使えるタイプではないので
直線の瞬発力勝負になると分が悪いでしょう。

パワータイプですが渋った馬場は苦手で、
もし降雨があると不安はさらに大きくなります。

展開と馬場の助けがないと、勝ち負けは
やや難しいかもしれません。

————————————-

 

さて この中から
現在の「本命候補」と「絶対 狙いたい馬」は こちらです
⇒ 無料LINE競馬で公開中

友だちに追加して頂いて
ホーム投稿から
すぐに ご覧になれます🎁
(無料です)😄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket