●エルムS2020【ラップ分析】大穴候補1頭 発見!

   2020/08/09

お知らせです

競馬仲間【厳選軸馬】さんの
【特別厳選馬】が いい感じですね^^

現在 無料公開中ですが
【特別厳選馬】は
506/546(401-77-28-40)複勝率93%!

単複勝負から
3連単の勝負まで
真剣勝負の【軸馬】予想!

軸がブレない【厳選軸馬】
公式LINE は こちらです^^
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2Rj3Ohm

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
——————

 

ーーーーーーーーーーーーー

「エルムS」「レパードS」
自信の最終予想(買い目)

無料LINE@で 配信になります
こちらです
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2XqIJ6Y

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

エルムSは 持続力の問われるレースで
「札幌ダ1700m」は「東京ダ1400m」との関連が深く
今回 面白そうな2頭が浮かび上がってきました。

 

★エルムSの傾向

エルムSは
スタート後に隊列が落ち着いてから
11秒台後半から12秒台前半のラップが続く
持続力の問われるレースです。

下記表をご覧ください

↓ ↓ ↓



 

下記表は、過去5年のエルムSの
タイム、ペース、1~3着馬の通過順と
過去5年の平均ラップです。

 

※黄色は 今回 注目対象のドリームキラリです。

 

ハイペースになった 2019年以外は平均ペース
「逃げ・先行馬」が
高い割合で馬券になっています。

2019年は 逃げたい馬が多数いて
ハイペースになりましたが

今年は 逃げ馬候補が
リアンヴェリテくらいなので
例年と同じような平均ペースが予想され
逃げ・先行脚質に分がありそうです。

 

★「札幌ダ1700m」と「東京ダ1400m」のラップ

過去のエルムSで注目するのは
2018年2着、2017年3着だったドリームキラリです。

ドリームキラリは
逃げて、2着 3着なので
過去5年の平均ラップは
ドリームキラリ自身のラップと言えます。

前に行って
これくらいのラップを刻むことができれば
馬券圏内にくる確率は 高くなります。

 

今回 ドリームキラリのラップと
非常に似ているラップを刻む馬が
超人気薄で見つかりましたので
大穴候補として ご紹介します

その馬は アディラートです

下記では
アディラートとドリームキラリの共通点を示します。

下記表は、アディラート3走前 欅S(3着)1400m
ドリームキラリ 2018年 欅S(1着)1400m
2016年 エルムSのラップです。1700m

(良馬場で比較するため
エルムSは2016年のデータを使用しています。
また、200mごとに換算しています。)

↓ ↓ ↓

 

ご覧の通り
アディラート と ドリームキラリは
非常に似ているラップを刻んで好走しています

東京ダ1400mの欅Sは
中盤11秒台後半のラップが続き
エルムSよりも
スピードの持続力が問われることが分かります。

ドリームキラリは
欅S(東京ダ1400m)よりもペースを少し落として
エルムS(札幌ダ1700m)での距離延長に対応しました。

アディラートは
6勝すべてが1400mでのものですが
近5戦では1700mを3回走り、2回3着に入っています。

前に行ける脚はあるので
距離ロスなくスムーズに運べれば
馬券圏内に来ても全くおかしくありません。

「東京ダ1400m」と「エルムS」は 非常に相性が良く
過去10年を遡っても 好走馬が多数います。

↓ ↓ ↓

 

アディラート
2走前の大沼Sは5着、前走マリーンS3着。

ダート1400mがベストな馬なので
距離がもたなかった印象ですが
函館はコーナーがきつく
札幌よりもペースの高低があります。

今年のマリーンSは前半がとても速く
差し・追い込みの競馬になりました。

アディラートはスタートで出遅れたあげく
後半のペースがガクッと落ちたところを外からまくる
チクハグな競馬になってしまいました。

対して、エルムSはコーナーの緩い札幌なので
東京ダ1400mのラップに近く
アディラートにとっては 大幅に条件が好転で
今回 大きくパフォーマンスを上げてくる可能性が高いです

さらに 今回 内枠を引ければ
懸念材料である距離ロスも少なく
条件はさらに良くなります。

 

また、各馬の対戦比較として

2019年の欅Sは
1着アルクトス
2着ドリームキラリ
3着ワンダーリーデル
4着アディラート

でした。

今年のエルムSには
ドリームキラリ以外の3頭が出走します。

2019年のエルムSでは
ドリームキラリは逃げて惨敗しましたが

かなりのハイペースになってしまったことが
原因と言えます。

上記のとおり
ドリームキラリを物差しにすれば
アルクトスも当然有力で
ワンダーリーデルにもチャンスはありそうですが

ワンダーリーデルは後ろから行くのがネックとなります


アルクトスは
前にも行けるのでレース傾向にも合い

あとは 調子さえ良ければ
当然 馬券圏内も狙えるでしょう

 

★まとめ

今年のエルムSの出走馬は重賞ウイナーが多く
アディラートはまったく人気がないのが確実です。

しかし、今年の実績馬は
休み明けや前走人気薄で好走してきた馬が多く
今回 条件が大幅に好転しそうな
アディラートにとっては 付け入る隙はありそうです。

 

今回 ラップ分析からの おすすめ2頭

アルクトス
アディラート(大穴候補)

上記2頭になります

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

「エルムS」「レパードS」
自信の最終予想(買い目)

無料LINE@で 配信になります
こちらです
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2XqIJ6Y

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket