関屋記念 2020【有力馬考察】 ■プリモシーン ■サトノアーサー ■クリノガウディー ■グルーヴィット ■アンドラステ

 

お知らせです

競馬仲間【厳選軸馬】さんの
【特別厳選馬】が いい感じですね^^

現在 無料公開中ですが
【特別厳選馬】は
508/548(403-77-28-40)複勝率93%

単複勝負から
3連単の勝負まで
真剣勝負の【軸馬】予想!

軸がブレない【厳選軸馬】
公式LINE は こちらです^^
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2Rj3Ohm

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
——————————

 

 

ーーーーーーーーーーー
【関屋記念】【小倉記念】
自信の最終予想(買い目)
無料LINE@で 配信になります
こちらです
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2XqIJ6Y

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
ーーーーーーーーーーー

 

 

関屋記念2020【有力馬分析】
ーーーーーーーーーー
■プリモシーン
■サトノアーサー
■クリノガウディー
■グルーヴィット
■アンドラステ
ーーーーーーーーーー

 

夏のマイル王決定戦、関屋記念。

過去にはジャスタウェイ、カンパニーなど
G1馬を輩出しているレースで、
ここから秋のG1戦線へ挑む馬も出てくるでしょう。

新潟競馬場といえば日本一長い直線ですが(芝外回り)
このレース、実は逃げ先行馬が良績を残しています。

スピードの持続力が問われるレースであり
そこをふまえ、有力馬をチェックしてみましょう。

 

ブリモシーン(5歳・牝)
父:ディープインパクト
母:モシーン
母父:Fastnet Rock

ここまで重賞を3勝していますが
2018年の関屋記念、今年の東京新聞杯と
2勝は左回りのマイル重賞。

左回りのマイル戦は「3-1-1-3」と安定しており
今回の出走メンバーでは実績No.1といえます。

前走G1のヴィクトリアマイルは8着ですが
後方からの競馬になったのが誤算でした。

ここで求められるスピードの持続力を
高い次元で備えているため
スタートを決めて流れに乗れれば
上位争いに加わる可能性は大きいでしょう。

確かに実績は文句なしですが
このところのレースを見ていると
出遅れたり、不利があったりすると
馬が嫌気を出してしまうようにも見えます。

流れに乗れず
後方からの競馬になってしまうと

見せ場なく終わる可能性もありそうです。

 

サトノアーサー(6歳・牡)
父:ティープインパクト
母:キングスローズ
母父:Redoute’s Choice

一昨年のエプソムCを勝ち
今年の東京新聞杯も0.2秒差の4着に入るなど
左回りのマイル~1800mがベストの舞台。

関屋記念はワンターンの1800m、2000mの
適性も求められるため
条件的には不足なしでしょう。

6歳ですが、今年に入ってからの5戦中、
4戦で上がり3位内をマークしており
堅実な末脚はここでも武器になります。

器用に立ち回れるタイプでもあるので
大崩れすることはなさそうです。

過去の成績から新潟のマイル戦は
適性に合うレースですが、この馬の場合
馬場が渋ったほうが好走率は上がるのも事実。

過去10年、1分31秒台~32秒台の
高速決着となっているレースでどうなのか。

そこは割引いたほうがいいかもしれません。

 

クリノガウディー(4歳・牡)
父:スクリーンヒーロー
母:クリノビリオネア
母父:ディアブロ

1着入線も進路妨害で4着降着となった
G1高松宮記念の雪辱で臨んだCBC賞。

結果は12着に惨敗でしたがでしたが
58キロのトップハンデ、直線ではやや不利もあり
敗因ははっきりしています。

G1で1着入線した地力はここでもトップクラスで
戦績をみると、左回りのほうが安定しています。

3着だった東京新聞杯のようにスムーズに先行し
末脚の持続力が生きる展開になれば
初重賞勝ちも見えてくるでしょう。

ただ、不安点も多い馬です。

気性にやや難があり、スプリント戦でも
かかるシーンが見られるため
新潟外回りの流れで折り合えるか。

また、どちらかというとパワー型であり
新潟らしい極限のスピードを求められる展開だと
苦戦するかもしれません。

 

グルーヴィット(4歳・牡)
父:ロードカナロア
母:スペシャルグルーブ
母父:スペシャルウィーク

昨年、3歳で中京記念を制し
今年の高松間宮記念では、上り33.2の末脚で
0.3秒差の6着に大健闘。

前走の京王杯SCでは先行して3着に粘り
能力の高さを示しました。

前走で先行する競馬を経験したのは大きく
毎年、逃げ先行馬の好走が目立つ
このレースでは武器になりそうです。

また、ここまで左回りは「2-1-1-3」
着外の3戦も敗因ははっきりしており
前走のように気分よく先行できれば
2つ目の重賞勝ちが見えてくるでしょう。

不安点は、まだ適性が定かではないこと。

ダートを使ったり1200m戦を使ったり
陣営もつかみかねているのかもしれません。

前走の3着も展開利が大きく、ここ数戦
マイル戦では成績がイマイチなのも気になります。

 

アンドラステ(4歳・牝)
父:オルフェーブル
母:ヴァリディオル
母父:Dynaformer

不良馬場だった前走のエプソムCは
差し馬には絶望的ともいえる条件でしたが
上がり3ハロン最速で4着。

重賞初挑戦だったことを思えば健闘といえます。

新潟、中京でも勝ち星があり
左回りに不安はありません。

良馬場なら33秒台の末脚を使える馬で
先行する器用さも兼ね備えています。

新馬戦を除けば、負けたレースも
0.3秒差以内であり、堅実な末脚を武器に
初重賞勝ちがあっても不思議ではありません。

ただキャリアが浅く
どこか最適条件なのかを

見極めるのは難しい馬です。

マイル戦の時計も1分33秒4までしかなく
混合重賞で牡馬相手にやれる牝馬なのか
判断に迷うでしょう。

外枠からスムーズに先行できないと
厳しいかもしれません。

————————————-

 

さて この中から
現在の「本命候補」と「絶対 狙いたい馬」は こちらです
⇒ 無料LINE競馬で公開中

友だちに追加して頂いて
ホーム投稿から
すぐに ご覧になれます🎁
(無料です)😄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket