札幌記念 2020 【出走馬考察】■ラッキーライラック ■ノームコア ■アドマイヤジャスタ ■ブラックホール ■マカヒキ

 

お知らせです

競馬仲間【厳選軸馬】さんの
【特別厳選馬】が いい感じですね^^

現在 無料公開中ですが
【特別厳選馬】は
510/550(404-77-29-40)複勝率93%

単複勝負から
3連単の勝負まで
真剣勝負の【軸馬】予想!

軸がブレない【厳選軸馬】
公式LINE は こちらです^^
↓ ↓ ↓
http://bit.ly/356lQJL

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
——————————

 

 

ーーーーーーーーーーー
【札幌記念】【北九州記念】
自信の最終予想(買い目)
無料LINE@で 配信になります
こちらです
↓ ↓ ↓
https://bit.ly/35s2NKZ

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
ーーーーーーーーーーー

 

 

札幌記念 2020
【出走馬 考察】

――――――――――
■ラッキーライラック
■ノームコア
■アドマイヤジャスタ
■ブラックホール
■マカヒキ
――――――――――

 

例年、夏開催ながら豪華なメンバーが揃い
スーパーG2とも呼ばれる札幌記念。

今年も3頭のG1馬が出走予定となっており
秋のG1戦線に直結するレースとなりそうです。

タフさが求められる函館と違い、札幌コースは
スピードの絶対値が求められます。

ラッキーライラックが支持を集めそうですが
他の有力馬も含めてチェックしてみましょう。

 

ラッキーライラック(5歳・牝)
父:オルフェーヴル
母:ライラックアンドレース
母父:Flower Alley

今年の大阪杯で3つ目のG1勝利を手にし
ここでは1番人気確実のラッキーライラック。

宝塚記念は6着に敗れたものの
終始馬場の悪いところを通らされる不利があり
先行馬総崩れの中で健闘したともいえます。

洋芝は初となりますが
500キロを超える雄大な馬体
昨年の香港ヴァ―ズで2着に好走しているところから
さほど気にする必要はないかもしれません。

秋のG1に向けて
ここでの凡走は許されない立場でもあります。

実績的には文句なしのNo.1ですが、この馬には
明確な負けパターンがありそうです。

それは「脚を溜められない流れ」。

早め先頭で押し切るタイプではなく、脚を溜め
最後に瞬発力を生かす形がベストです。

早め早めの競馬になった場合
取りこぼしもあり得るでしょう。

 

ノームコア(5歳・牝)
父:ハービンジャー
母:クロノロジスト
母父:クロフネ

昨年のヴィクトリアマイルをレコードで制し
今年に入っても、ヴィクトリアマイル3着
安田記念4着と
現在のトップマイラーの1頭といえます。

2000mは久しぶりとなりますが
紫苑Sで1着、愛知杯で2着
フローラSで3着という実績があります。

父ハービンジャーという血統から
初の洋芝をこなしても不思議ではありません。

距離の壁さえなければ、自慢の豪脚で
まとめて差し切るシーンがありそうです。

ただ、このところのレースを見ていると
時計の速い左回りのマイル戦がベストで
今回の条件にはやはり不安が残ります。

札幌2000mというコース形態上
3角過ぎからペースが上がりやすく
そこでついていけないと、直線が短いため
「差して届かず」もあるでしょう。

 

アドマイヤジャスタ(4歳・牡)
父:ジャスタウェイ
母:アドマイヤテレサ
母父:エリシオ

函館記念は
15番人気の低評価をあざ笑うように

約2年ぶりの勝利をあげました。

外をまわしながら、直線では他馬を
ねじ伏せるような力強い走りで
フロックとみるのは危険かもしれません。

外枠で揉まれない競馬になったのも大きいようで
今回は外枠がほしいところでしょう。

善戦続きだった父ジャスタウェイが
4歳秋に突然覚醒したように、この馬も
前走がきっかけになるかもしれません。

G1馬相手にどんな走りをするのか、注目です。

前走は確かに見事でしたが
逃げ先行馬総崩れの馬場、展開も味方しました。

母父エリシオという血統からパワー型の印象で
タフな函館も合っていたのでしょう。

同じ洋芝でも札幌は求められる資質が異なり
上りの速い競馬になると苦戦するかもしれません。

 

ブラックホール(3歳・牡)
父:ゴールドシップ
母:ヴィーヴァブーケ
母父:キングカメハメハ

今回の出走予定馬では唯一の3歳馬です。

皐月賞は9着、ダービーは7着でしたが
どちらも直線を向いたときは最後方に位置し
そこからの末脚には見るべきものがありました。

札幌は2歳時に重賞(札幌2歳S)を制し
函館でも1着、2着があります。

父ゴールドシップという血統から
軽い芝のスピード勝負より
やや時計のかかる洋芝のほうが向くタイプ。

54キロで出走できるのは大きく
展開が向けば一発がありそうです。

ただ、ここ数戦は極端な後方待機策となり
古馬相手にも同じでは厳しいかもしれません。

札幌2歳Sの勝利時は中団で競馬をしており
せめてそれくらいの位置につけられないと
見せ場なく終わってしまう可能性もあります。

 

マカヒキ(7歳・牡)
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデュピティ

2016年のダービー馬、マカヒキ。

ダービー後にフランス遠征を行い
ニエル賞(G2)を勝って以来
勝ち星から遠ざかっていますが
復活を願うファンの多い馬です。

G1では苦戦が続いているものの
G2は「2-1-2-1」と安定しており
一昨年のこのレースでも
ルメール騎手騎乗で2着に好走しています。

G1ほどの底力を求められるわけではないここは
古豪復活には絶好の舞台といえるかもしれません。

出走する以上、どうしても復活が期待されますが
ピークを過ぎているのは間違いありません。

ここのところは、最後方待機から
差す競馬になっており、短い直線で
どこまで着順を上げて来れられるのかは疑問。

展開の助けがないと厳しいかもしれません。

————————

さて この中から
現在の「本命候補」と「絶対 狙いたい馬」は こちらです
⇒ 無料LINE競馬で公開中

友だちに追加して頂いて
ホーム投稿から
すぐに ご覧になれます🎁
(無料です)😄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket